なにそれ経営者のブログ

女の子は好き。でも結婚したくない。

ブロックチェーンの凄さ

ブロックチェーンですごいのは「インターネットの世界にコピーできないデータができたこと」と「データ構造が全て同じでデータどうしがくっつきやすいこと」とビットフライヤー加納社長がおっしゃっていた。情報の管理者が多数存在し、1つ前の情報がブロッ…

誰からみての無駄か

すごく純粋な人が健気にくそ無駄な仕事をさせられていたりするとなんとも言えない気持ちになる。やらせている方もやっている方も良かれと思ってまじめにがんばっていて、そこに悪は存在しない。しかし社会的にみればなんら付加価値はないわけで、完全なるマ…

意思決定疲れ

すでに世界にルールがあると反発したくなって自由に決められるほうにいきがちだけど、不自由なルールだからそう思うのであって素晴らしいルールだとすれば意思決定しなくて済むからルールに縛られたくなるという不思議。ルールは意思決定の省略であり思考プ…

ルールに助けられる

その人が辞めたとしても仕事は続くわけで、本人でその引き際を決めるしかなく、そのために決まりやルールなどがあればそれを理由に辞めることができる。例えば、定年制度は65歳などだが、64歳だろうが66歳だろうがそれほど違いはないわけで、それでも65歳に…

先んずれば人を制す

社会で求められていること、必要なことは必ず起こる。起こるというより、誰かが気がつき、いつか実行される。その時期が早いか遅いかだけ。なので、起こるべき未来に確信があれば、それをいかに先行してできるか。誰よりも早く実行するか。すでにできている…

真実の瞬間

友人が東京駅丸の内付近でiPhoneをなくして結構探したけどみつからない。「iPhoneを探す」(*)でおおよその場所は特定できたもののGPSのまさにその場所にいるのに…はがゆい。GPSのさす場所の地上や地下にいって「サウンドを再生」機能でアラートっぽい音を…

事業継承問題

なかなかなまなましいことが書かれていた(*)。大企業の勤め人向けに中小企業の実態を説いている。中小企業は適当なマネジメントでも経営が成り立っていてじつは大企業のみなさんが普通にやってきた知識を活かして組織改革すればバリューアップできまっせと…

消化試合

消化試合という言葉がある。ゲームの勝ち負けはもうわかっていてただ試合をしたという事実をつくるだけのためのもの。はたしてそれに意味はあるのか。意味はある。ルールに従って行われたという意味。敬遠は宣告すれば4回投げなくともフォアボールにできる…

オートメーションの隙間

中西さんや戸田さんなどがサッカーの日本代表戦を戦術的に分析している動画(*)がおもしろい。これによると、サッカーの概念は四年前とはまったく変わってきてきて、アメフトとかラグビーのようになっているという。人の配置も相手がこうきたらこうするとい…

個人で戦え

キスを迫ることやエッチしようとがんばることは悪ではない(相手が本気で嫌がっていないという前提で)。問題は立場を使って強要すること。男ならフェアに女の子と対等な立場で勝負しろやと思う。恋愛市場でつくられた上下関係はよい。経済力や社会的立場を…

花束

花を買うとやわらかい気持ちになる。不思議。ただ花を買っただけなのにそれに物語を勝手につけて妄想する。花束を持ちながら街を歩くと別に見られてるわけでもないのにやたら人の視線が気になる。すこし照れる。花のある生活と花のない生活は明らかに何かが…

ポジショナルプレー

ポジショナルプレーとは、ペップによると「ピッチ上のどこにボールがあるかを踏まえて、選手たちが正しいポジショニングをしていこうとする考え方。これを実践してシステムを機能させるためには、ディシプリンと思考能力の速さが必要になる」だそう。田邊さ…

つきあうってなに?

「つきあうという意味が排他的独占権を認めるということなら同意できない」と言ったら引かれたという話を聞いて笑った。彼いわく、独占権は認めるが排他権は認めたくない。要は、その人は独り占めしたいけど、だからといって他の異性を排除することはできな…

パンツいつ捨てるか問題

ファミリーマートで使い捨てのパンツを販売するというニュース(*)をみて、むかしパンツをいつ捨てるか問題で激論したの思い出した。使い捨ては150円だから再利用を500円とすると使い捨て4回で勝てる。つまり4回未満で再利用を買い換えると使い捨てのが得だ…

会議でスマートにみせる100の方法

アメリカ人は空気を読まないと言うけれどこの本を読むとアメリカ人のほうが気を使い、空気を読んでいるのではないかと感じさせられる。しかもそれを言語化し「空気読んでますよ」と傷つけないようめちゃくちゃ人に対して気を使っている。そのモチベーション…

稼働率は会社に必要あるのか

コンサルティング会社などは従業員の稼働率をKPIのひとつとして日や週レベルでウォッチしている。目標となる稼働率がありアベっていたりすると目標未達で人事評価に影響する。ところがこの稼働率という指標はいろいろと問題があってほんとにいるのかと思うこ…

製造業とサービス業

製造業はサービス業に比べ、材料費が余分にかかるため原価が高くなる傾向にあるが、一人当たり売上高をみると半分しかない。ものをつくる仕事は労働集約的にならざるを得ないので、売上高を固定して従業員数が2倍と考えれば辻褄があうが、実際には約4倍。…

CL準決勝 1st leg バイエルン vs レアル

前半。マルセロのあがった裏のスペースをハメスがパスを通して崩しキミッヒの一発。直後にマルセロが左足で一閃。解説の鈴木さんも言ってたけどなぜ左サイドバックのマルセロがそこにいるのか。バイエルンのディフェンスはがちがちでレアルは崩してない。だ…

本質的な議論

竹中平蔵さんが社会保障に関して「年金が払えないなら、法人の社会保険料をあげればよいという本質的なことがまったく議論されていない」と言っていた(*)。あまりにそのとおりだなぁと思ったのでメモ。・年金は社会保障でなく社会「保険」である・であるな…

無駄の裏返しとしての価値

仮想通貨の価値の源泉をマイニングコストと考える場合、いまはエネルギーコスト(電気代)と交換されている。「中央銀行が終わる日」の著者(ちなみに出したかったタイトルは『ふたたびハイエク』だったが、一般向けの書籍にするにあたりハイエクは知らない…

恣意的な好意と瞬間の思い

誰かが「そのときに気がつくことはほとんどなくて、振り返ってみるとあのときそうだったと思うことがほとんど。スイッチがいきなり入るというよりは滑らかに気持ちは高まっていくよね。」みたいなことを言っていて、ここから導かれる帰結はふたつ。ひとつは…

払う側と使う側の金銭感覚のずれ

見積もりを出されてイラつくのはその会社に対してのこれまでの仕事に対する成果感が低いからか。払うもんは気持ちよく払いたいと思っているがどうも高すぎるんじゃないか、足元みられているんじゃないかと感じると仕事を頼みたくなくなる。悪気なく刺してく…

筋肉質な議論

知識が平準化してくると経験値でしか勝てなくなる。一定レベルには誰もが到達する。似たような議論はできるようになる。聞いたことあるような話。ある程度表面をなぞり「ぽい」ことを言うことはできる。その話は間違っていない。けれどなぜか響かない。話が…

計画の存在意義

「40年間、経営計画書なるものを作らないまま今日まで来た」(*)ダイソー創業者のことば。まじストリートファイターで超尊敬する。いるんだよなこういうひと。計画はそもそもなんのために存在するのかを考えさせられる。計画は自社のためというより、社員や…

批判を受け入れる

感情的でない批判は攻撃されていると感じるのではなく、わかりにくいポイントを指摘してくれていると捉えるとよい。お金を預けられている立場やその人のなにがしらを任せられている立場であれば、説明責任がある。説明せずして一任するという関係は良い面と…

なでしこジャパン

なでしこがワールドカップ出場を決めた。商業的には金曜夜という最高の時間帯での大一番。視聴率はどれくらいか。ゲームの内容はしまった試合でとてもよかった。みんなで声を掛け合って連動して、1人でだめなら2人、2人でだめなら3人でとチームが一丸と…

計画は社員のためにある

減価償却の考え方はキャッシュアウトしてるのに経費にならないなんてといつも思うのだけど「今期の」経費にならないが正しくて、しかるべき期には計上される。自分にいかに計画性がないか。長期の経営計画はあったほうがブレないけど根っこに計画どおりいか…

戦略的思考

戦略とは「自らがもっていきたい方向に動かすような仕掛け」で「当事者は知らなくてよいこと」と定義している。ポイントは、誰かが意図したシナリオで動いているのに、当事者はそのシナリオを知らず、動かしているひとの存在すら気がつかない。誰かに動かさ…

解任タイミング問題

なぜこのタイミングか。本番まで2ヶ月足らずの時期に。解任するにしても決断が遅すぎる。という意見が多くみられたが、タイミングの問題に関しては正直わからない。オープンにされたタイミングがいまというだけでチームや協会の内部ではもしかするとかなり…

どうやったいま?というプレー

チャンピオンズリーグをひさびさにみた。ペナルティーエリアの外で離れていても普通に打ってくるし、ごちゃごちゃして通らないだろうと思うスペースでもパスを通してくる。止められないと思えるようなパススピードやコースでもとめてくる。たしかにうまい。…