なにそれ経営者のブログ

女の子は好き。でも結婚したくない。

アイデアや仕組みをつくった人への貢献と仁義

いま現場を動かしている人は誰が見ても貢献しているし、わかりやすい成果感がでる。しかしながら当然それを考えてつくった人はいるわけで、アイデアを出して立ち上げ、仕組みにするまで仕立てた人もいる。いまはあまり手を動かしていないけれども、その人がいなければその仕組みはなかったわけで、現場から少し離れていたとしてもリスペクトすべき。あたりまえのようにかたちある状態からはいると、その実感はわきにくく、たしかに現場は大変だし苦労の連続だとは思うけど、そのあたりまえは、もともとあたりまえじゃなかったんだよということも忘れてはいけない。汗をかいた人のが偉いという心情的なバイアスもかかるが、アイデアの価値はやはりある程度、尊重しないといけないと思う。