なにそれ経営者のブログ

女の子は好き。でも結婚したくない。

個人で戦え

キスを迫ることやエッチしようとがんばることは悪ではない(相手が本気で嫌がっていないという前提で)。問題は立場を使って強要すること。男ならフェアに女の子と対等な立場で勝負しろやと思う。恋愛市場でつくられた上下関係はよい。経済力や社会的立場を持ち込むのはどうか。もちろんこれらは、広義にはそいつの価値の一部ではあるから否定しない。強者は無自覚にやってしまうことがあるけど、持っている者は持たざる者の気持ちを慮る義務がある。それは上の立場にはわかりようがない。本心を言えといっても下の立場は言えない。それをわかっていながらそれでも挑むなら、せめて自覚していくべきだ。
あからさまに金や地位を自分の武器と勘違いして戦いに挑むやつはダサい。お金を稼ぐ力がある人やそれなりのポジションにいるやつは、そもそもそういう状態になるために必要なスキルが備わっているから結果的に話が面白いしモテるのであって。むしろそっちのスキルを使うべき。ポジションは、誰かに評価されたり、認められてはじめて成り立つ。これをあたかも自分の魅力として使うのは卑怯だ。ぶっちゃけそれはそいつの実力ではない。誰かがそいつを支えてくれているからうまくバランスしているだけで。そいつの貢献はその一部ということを忘れてはいけない。
長期的な関係を考えればそのひとのいろんな魅力をみてしかるべき。が、入口の部分や過程では、個人としてフェアに戦うのが男。一方で女の子のほうが、逆に外見だけとか、お金目的で狙っていれば、場外キャバクラみたいな遊び方をすればよい。その場だけで完全に心を許すことはなく、サービスされる側と受ける側で合意されたお金で折り合えばディール。これに関してはコンビニでお弁当を買う行為となんら変わりはない。高級レストランで食事をするやつもいればコンビニ弁当で済ますやつもいる。それでよい。