なにそれ経営者のブログ

女の子は好き。でも結婚したくない。

ドイツ対スウェーデン マッチレビュー

ドイツは最初から攻めまくった。初戦おとしているから当然だろう。スウェーデンはメキシコみたくカウンター狙い。力の差があるから攻め対守りの構図がはっきりした展開。ブラジルにしろドイツにしろ。王者が本気で勝ちにきているのは迫力がある。スウェーデンの伝統的な4-4-2とドイツの現代的な4-2-3-1。どんなに人が動いても場所に人がいればハメれるというお手本のような。こうやって守るんやでと。まずは守備からとよく言うけど、守っているほうが有利なのではとすら思えた。4-4-2は最もバランスよいから古典的だけどやっぱりその良さはある。世界の最先端はこれやで。データでもこれが最強や(ドイツ) VS わしにそんな小手先のテクニック通用せん!(スウェーデン)みたいな。前半32分にスウェーデンが先制。リーグ戦でほとんど点をとれていなかった選手のようで、その選手に一発をくらわされ。とはいえ、後半3分に追いつく。この展開でスウェーデンの勝ちにいくのか引き分け狙いでいくのかを迷わせたところもある。たっぷり時間があるなかでもう一度やり直そうとしたスウェーデンど勝負を決めにいきたいドイツ。からのボアテング2枚目イエローで退場。前半にもボランチの(おそらく戦術的にキーマンだった)ルディのアンラッキーな負傷交代を余儀なくされ、センターバックもここで欠くことに。どこまでドイツに試練を与えるのか。ドイツはここでディフェンスを3枚で勝ちにいく姿勢を貫いた。リスクの高い賭けで何回もピンチを招くがノイアーを中心にしのぐ。やっぱりまだツキはスウェーデンにあるのかと…そしてドローのままロスタイムに。からの後半49分の歓喜。ドイツサポーターも呆然。なんてものを見てしまったのか!の表情。最高な瞬間。これぞワールドカップ!

f:id:nanisoreblog:20180624102419j:image