なにそれ経営者のブログ

仕事と彼女と人生観

意志の境界線

What is left over if I subtract the fact that my arm goes up from the fact that I raise my arm?(Wittgenstein)古典的な意志の定義。「手をあげる−手があがる=意志」。なかなかうまいことをいう。が、意志の境界線はあるのだろうか。いきなりゼロからたちあがることはない。國分先生は「中動態」という概念を用いて思考されている。同じように「私が歩く」と「私のもとで歩行が実現されている」の違いを問い。意志は「自らでなした行為のこと」なので、自分がその行為の出発点でありながら、自分以外のものからも影響を受けているので「自分以外のものに接続されていると同時にそこから切断されていなければならない」。私たちは、能動態と受動態があたりまえだとおもっているが、じつは「態」という概念には中動態なるものがあり(言語学的に能動態と受動態の区別のほうが、後世に出現した区分らしい!)意志や意図は、この視点で説明されるほうがしっくりする。冒頭、ヴィトゲンシュタインの問いも、引き算の答えに求めているのではない。無から有、無いはずのものが立ちあがることは決定的な断絶があるが、ある時間から出現したと言い切ることもできない。意志は非合理な概念である。中動態がもっとも意思を説明しやすい概念ではあるものの、中動態でさえ意思を前提とした態ではなく、明晰な定義ではない。

踏むわけがないうんこも踏まれる

道のど真ん中にでかでかとうんこがこかれてて、「まじかよ、こんなとこに。でもここまでわかりやすけりゃ、うんこ踏むやつなんておらんやろ!」と思っていた次の日。まんまと踏んでたやつがいた。絶対にありえないだろうと思っていたことでも、世の中にはやらかすやつがいる。インターネットの海に溺れたことで見落とされがちなことでももしかしたらピンポイントにクリティカルヒットする奴もいるとか、あるいはぼくの前提が間違っていてわかりやすいと思っていたこともわかりにくいと感じるやつがいるのかもしれないとか。たいへん示唆的なうんこだった。

複雑系

個々の問題を解決しても全体解決にならない。問題解決の全体感に欠けた解き方。わかりやすい問題を切り出して解いてしまっていることが良くなくて、そういうちまちました個別最適に未来はない。いくらそれをがんばっても前に進んでいるようでいて進んでいなくて、問題が別の次元にあったり、そもそも多くの事象が複雑に絡み合っていてアプローチの仕方が間違っていたりする。いわゆる複雑系と呼ばれる構造をもつ事象なのかもしれない。還元主義では太刀打ちできない。

複雑系とは、相互に関連する複数の要因が合わさって全体としてなんらかの性質(あるいはそういった性質から導かれる振る舞い)を見せる系であって、しかしその全体としての挙動は個々の要因や部分からは明らかでないようなものをいう。これらは狭い範囲かつ短期の予測は経験的要素から不可能ではないが、その予測の裏付けをより基本的な法則に還元して理解する(還元主義)のは困難である。系の持つ複雑性には非組織的複雑性と組織的複雑性の二つの種類がある。これらの区別は本質的に、要因の多さに起因するものを「組織化されていない」(disorganized) といい、対象とする系が(場合によってはきわめて限定的な要因しか持たないかもしれないが)創発性を示すことを「組織化された」(organized) と言っているものである。」(*)


* 2019.2.9 Wikipedia 複雑系
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB

箱ベースと意義ベース

先に人を確保する人と先に目的を考える人。ぼくの性格的には圧倒的に後者だ。思いで人を集めないとなんら意味がない。外向けの体制をみせることはたしかにブーストさせるときのはったりとしては一定の効果を発揮するけど持続性がない。なによりだましているという罪悪感が拭い去れない。そして騙されているほうはバカなやつでそのレベルの顧客からしか仕事がとれない。騙されない顧客からは「こいつダメだわ」という評価をされるのは明らかで。箱を先につくるというのはナンセンス。いけてない行政とやっていることは同じで。そもそもそれ必要かと。途中でそう思うのは最初に軸がないからで。そとっぺらをナメているだけでは永遠に核心に至らない。

レベルの違い

無印良品に飾ってあったシルクスクリーンのポスター(*)に目を奪われ。よくよくみたらピカソ作。輪郭だけで「おっ」と思わせるのは流石すぎる。美大ではまず画を描く前に線のトレーニングをすると聞いたことがある。たかが線だけどされど線。線の表情には無限の可能性があり。落書きに見える画ほど、まねしようとしてもまねできない。強弱や丸み、かすれ具合や色の濃さ、迷いのなさ。言葉で表せない質感。こういうのが好き。

f:id:nanisoreblog:20190203212623j:image

* IDEE パブロ・ピカソ「Dove of Peace」ポスター
https://www.idee-online.com/shop/g/g731175/

アジアカップ

前半選手たちも感じていたように、何かがおかしかった。誰かが致命的なミスをしたわけではない。1点目は崩されたわけではないし、いってみればラッキーゴールに近い。でも失点は必然で時間の問題だったのかもしれない。冨安も南野も「守備がはまらなかった」というコメントを残している。森保監督も「相手が3バックで来ることも想定しながら準備をしてきましたが、試合が始まってシステムのミスマッチが起こり、うまくいかない時間帯に失点して、難しいゲームになってしまいました。」と守備の乱れは認めている(*)。ゲームでは想定外が往々にして起こる。ほんのちょっとの違和感が試合を左右する。たしかにカタールも日本チームをよく研究していた。組織的にうまくハメられたのはある。イラン戦が良すぎただけに自分たちはできるという期待からの落差。組織的な守備の修正が間に合わず、攻撃面でもちょっとだけパスのタイミングがあわなかったり、どことなく空回りし。ほんの少しのかけ違い。だけどそれが積み重なってチーム全体に「こんなんじゃだめだなんか違う」という空気は明らかにあった。けして油断していたわけではない。こういうときはゲームの中で選手間で修正が必要だがそこまで成熟したチームではなく。また個人で止められるほど甘くもない。決勝まで順調にきていただけに残念だけど、選手たちにとってはそれぞれが代表の自覚と自信をつけた大会だったように思う。南野の爆発力や堂安のポテンシャルは好きだ。次に期待したい。

2019.2.2 JFAニュース
https://www.jfa.jp/samuraiblue_2019/news/00020414/

悪夢

笑えるくらいの悪夢をみた。まさに悪夢だ。悪夢としか言いようがない。潜在意識はほんとうにこわい。なぜこんなことをしたのかという犯罪的なことをしてまわりにすごく迷惑をかけてしまう夢。自分でもなぜそんなことをしたのかがわからず、でも犯罪は明らかに自分でそのときは進んでしてしまっていて。すごく後悔している(イマココ)。夢だとわかるまでに時間がかかり、しかもはっきりと覚えているくらいだから、かなりたちが悪い。軽い気持ちで起きたらいいなと思うことで起きるとすごくやなことはある。自分の乗っている飛行機が落ちればいいのになど思うことがあるけど、実際落ちたらそうとう動揺するだろう。やりたいのにやらないのは自分の意識下にやりたくない理由がある。