なにそれ経営者のブログ

仕事と彼女と人生観

大きな絵を飾りたい話

ふと、自分の身長より大きい絵を買いたいと思った。家に飾りたい。美術館でのあの感じ。四角い枠に収まっているもの。キャンバスに直接書かれた。身長以上というサイズ感にまったく意味はないけど、なぜか見上げるサイズになると見つめるサイズより迫力が増す。Christopher Woolの文字の作品(*)をみたとき、よおーくみると薄い鉛筆の線みたいなやつが書いてあってちょっとインクが垂れていたけど、遠くから見るとキレイに整っている。作品集だと小さいサイズに縮められているからとくに。解像度のマジックか。作品が大きければ、少しくらい荒くなってもきめ細やかに見える。養老孟司先生が番組で、実物でやれと、プラスチックなどのシミュレータでいいじゃないかと言ってくる人に対して、プラスチックはどこまでいってもプラスチックだから、人ではないと、あたりまえだが奥が深いことをおっしゃっていて。人体は生物だから細かい単位にすればDNAで、同じものはない。生物の奥深さは人体にしかなくそれで試さなければ意味がない。リアルの解像度に通じることがある。粗いものや真似たものは情報量が少ない。写真にした瞬間、全く別のものになる。テクノロジーが発達してもオリジナルには到達できない。到達できたとしても違う作品としてオリジナリティを発揮する。マスターピースはマスターピースで。その人の命に代わるものはなにもない。自然界で同じものは存在しない。同じと概念的にかかっているだけで全て違う。理解しようと境界をつくるという行為は科学を発展させたが、この世界に境界はない。

*国立国際美術館「抽象世界」

http://www.nmao.go.jp/exhibition/2019/chusyo.html

f:id:nanisoreblog:20190623193327p:image

計量問題

いい仕事をしなくてもコストがかかっていなければ仕事としては評価される。いい仕事をしてもコストをかければ利益率的な計量では評価されない。中長期的にいい仕事(お客様のためになる、社会に役立つ)に極端に比重をおいてレバレッジさせるのがベンチャーだと思う。仕事の質をどこではかるか。

伝えることと伝わらない重さ

伝わっていないことは多い。「言ったよね」ではなく、発信者側に問題がある。同じことを言うか、言い方を変えるか。そもそも伝わらないことなのか。コミュニケーションはイライラするより、基本的には流されるという前提で考えた方が、精神衛生的にはよい。デジタルで簡単に伝達できるようになったからこそ、その重要性は軽くなっている。デジタルで重要なものはデジタル署名のようにあることはあるが、シリアスなという意味とは少し異なる。

いいねと純度

たまたまつけたチャンネルで奥田民生が「自分が好きなことを他の人も好きだというのは運でしかない、自分にはそういうファンと呼ばれる人たちがいることがラッキーだ、声が嫌いと言われたらそれ以上いかない、収入を得て食べていかないといけないので」的なことを言っていた。真っ直ぐで偽りがない。ビジネスマインドになってしまうと、相手にこびたり寄せたりするけど、あくまで自分が良いと思うことを貫ぬき。自分を通していてもそれがピュアだから多くの人が共感する。基本的にいいねというのは、純度に比例する。フェイクのいいねは何か裏に隠れていて長続きしない。

時価

ものの値段は時価である。基本的にはサービス業で、同じことをやっていると金額はさげられる。キープするのであればパフォーマンスをあげるしかなく。なので、値段を下げるか、パフォーマンスをあげるか。値段をあげるのはそういう意味ではかなりエネルギーを使いアクセルを踏み込む必要があり。